「性病にもし感染してしまった」「不安」という方は、まず性病専門の上野クリニックで検査をしてみましょう。上野クリニックはテレビCMでもおなじみの全国展開をしているとても信用あるクリニックです。

性病と昏迷と神経性うつ病について

性病は、性行為感染症と呼ばれるもので、性のネガティブなものとして昔から男女のカップルを悩ませてきたものです。
昔から性病として知られている梅毒や淋病意外にも、最近はクラミジア、ヘルペスも増えています。

性病は、やはり他の病気と比べて羞恥がありますから、中々誰にも相談することが出来ないで、そのまま放置してしまい、その結果悪化してしまうこともあります。
性病の種類によっては、性行為をしていなくても、キスなどでも感染することもあります。

また、病気に感染しても潜伏期間などもあり、本人が病気になっていても気が付かずに他の人と性行為をしてしまい、更に感染が広がったする危険もあります。
異常を感じたときには、早めに医師に相談した方がよいです。

昏迷とは、心身ともに自己表現をしないで、外部刺激にも反応しない状態のことです。
総合失調症やうつ病、心因反応のときには、昏迷でも意識の障害がありませんが、てんかんや器質性脳症ときには意識障害が起きます。
また、意識障害を伴わないときだけを昏迷とよんで、意識障害があるときには昏蒙と呼ぶこともあります。

そして、神経性うつ病とは、非定型うつ病と呼ばれるものです。
神経性うつ病は、楽しいことや望ましいことがあると気分がよくなります。
普通の定型うつ病だと、何が合っても元気がないですが、この神経性うつ病は出来事に反応して気分が明るくなる特徴があります。

例えば、夕方になると調子が悪くなったり、過眠ぎみになったりします。
普通の定型うつ病は、長い間、真面目に働いてきた年代に多くみられますが、神経性うつ病は20代から30代が多くかかります。
とくに、この年代の女性では、8割が神経性うつ病になっているといわれています。
若い男性でもなりますが、特に女性の方が多くて、男性の3倍から5倍かかっているといわれています。