「性病にもし感染してしまった」「不安」という方は、まず性病専門の上野クリニックで検査をしてみましょう。上野クリニックはテレビCMでもおなじみの全国展開をしているとても信用あるクリニックです。

睾丸が腫れる性病の治療方法

睾丸が腫れる性病は淋病であり、尿道から膿が出ているのに関わらずしばらく放置していて睾丸に菌が回って熱を持ち始めた証拠ですので一刻も早く性病科か泌尿器科に行く必要があります。治療方法は確立していますので早く行く必要があります。淋病は性行為感染症ですが、直接生殖器同士が接触しなくても、例えば相手の女性が性病の温床となる性風俗で働いていて口と男性自身を接触させるサービスを行っている場合、喉に淋病に罹患しているケースが多く、この場合はこのような性的サービスを受けると淋病という性病に罹患してしまいます。具体的には性的な接触があって2~3日経過すると尿道がムズムズして違和感を覚えます。これを放置すると今度は尿道から勝手に膿がにじみ出てきて排尿の際に激痛を伴います。これも放置しておくと、段々睾丸が熱を持って痛くなって来ます。治療方法は性病科かあるいは泌尿器科の医師の診察で、膿を絞り出して顕微鏡のプレパラートにこすり付けて菌の状態を見ること、および尿検査によって決定します。睾丸が腫れるほど放置している場合は、治療方法は巨大な抗生物質を注射することにより行われます。但し、この抗生物質の効能がある1週間程度はアルコールは一切口にすることは出来なくなります。しかし、抗生物質注射をすれば、間もなく、睾丸の痛みも尿道からの膿も、排尿時も痛みもなくなります。注意事項として、この淋病はクラミジアと一緒に感染するケースが多いのです。この場合も、尿検査等で判断されますが、もしクラミジアにも罹患している場合、さらに追加して投薬を受ける必要があります。また、淋病の発病前に性風俗でさらに性的サービスを受けると、感染力の弱いHIVに罹患する確率が上がると言われており、注意が必要です。このようなことからも、睾丸が腫れあがるほど性病の一つである淋病に罹患したと思ったら、早めに性病科か泌尿器科に足を向ける必要があります。