「性病にもし感染してしまった」「不安」という方は、まず性病専門の上野クリニックで検査をしてみましょう。上野クリニックはテレビCMでもおなじみの全国展開をしているとても信用あるクリニックです。

性病と手足の痺れが出るアルコール性神経障害について

日本は、先進国の中でも、性病患者が多い国です。
日本国内で感染する人もいれば、海外に行って性病に感染して帰国する人もいます。
性病の中で、特に患者数が多いのが、性器ヘルペスと性器クラミジア感染症です。
性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスが原因の性感染症で、性交渉の時に感染した患部に触れることで感染します。
母親が単純ヘルペスウイルスに感染した場合、出産の時に新生児に感染する可能性もあるので、注意が必要です。
単純ヘルペスウイルスに感染すると、感染から数日後に性器に水疱ができ、人によっては痛みが出るケースもあります。
性器ヘルペスは、免疫があると軽い症状で済む場合が多いのですが、初めて感染した場合は、重症化して歩行困難になることもあります。
また、一度ヘルペスウイルスに感染すると、再発することが多いです。
風邪を引くなどして体力が弱ると、単純ヘルペスウイルスが再び増殖を始めるのです。
1年で8割の人が再発すると言われていますが、年に6回以上再発を繰り返す人であれば、保険が適用できる再発抑制療法を受けることができます。
条件に合う人は、医師に相談するといいです。
日本人は、お酒が好きな人が多いです。
しかし、中には断酒が必要な人もいます。
神経内科の領域では、アルコール性神経障害やアルコール依存症の人がその対象です。
アルコール性神経障害には、アルコール脳症、アルコール性脊髄障害、アルコール性末梢神経障害があります。
アルコール性末梢神経障害は、手足の末梢に発症します。
両方の手足に発症するパターンと、片方の手足に発症するパターンがあります。
アルコール性末梢神経障害は、悪化すると手足の筋肉が衰えて歩行が困難になることがあるので、注意が必要です。